事故の詳細 | 品川美容外科告訴問題|正しい情報をしっかりと捉える

事故の詳細

考えが変わっていった

品川美容外科では過去に死亡例が出ており、裁判の話まで持ち上がりました。品川美容外科で手術がを受けた患者が死亡したのは事実ですが、全ての原因が病院側にあるわけではないという事を理解している人は多くないようです。交通事故のように、どんな理由であれ、死亡した方が同情される世の中です。ネット上でも、品川美容外科の悪い噂はすぐに広がりました。しかし、日が経つごとに、死亡した患者にも問題がある事がわかってきたのです。裁判の話が出た頃には、多くの人もその事実に気付き、考え方を変えていったようです。今では安定した人気と信頼を取り戻しているので、やはり品川美容外科は強いことに気付かされます。挽回するのも早かったことから、技術力も高いのでしょう。

手術の詳細について

脂肪吸引手術で脂肪した女性は高齢だった為、内臓が弱っている傾向がありました。管を通した際には臓器に当たり、ある程度の跳ね返りを感じるのですが、死亡した患者の内臓ではそれを感じとることが出来なかったのです。つまり、気付かないうちに深くまで管を通してしまい、内臓を傷つけてしまったのです。術後、患者は生きていました。担当医も術後の経過をしっかりと確認し、異常が無いという事で帰宅させました。しかし、数時間後に患者は倒れ、帰ってきた子供が発見して通報したのです。内臓が弱っているという理由もあり、高齢者の志望吸引手術は安全ではないと言えるのです。裁判の話を耳にした他の美容外科クリニックの医師も、内臓の弱りを判断するのは容易なことではないと意見しており、誰にでも起こる可能性があったという事がわかります。